投資 読書

新NISA、新つみたてNISA、IDECOなどに必要な金融、株式知識は万全?

2024年から日本の投資環境が変わります。

新NISA、新つみたてNISA、IDECO等々。

同じような情報が出回っていますが、そもそも金融、株式投資の知識はお持ちですか?

2024年に日本の投資環境が変わり、今までと格段に税制優遇があるのは事実です。

しかし多くの人が、アメリカ市場に連動したETFや投資信託を購入すればよい。

ドルコスト平均法で買い続ければよい。

価格の上がり下がりは気にせず、長期保有していればよい。

このような記事や情報に踊らされていませんか?

例えば、60歳で定年を迎え、家のローンを払い終えたくなった際に、退職金に手を付けるのは危険です。

65歳までの5年間、年金を手にすることが出来ず、退職金や預貯金での生活が必要です。

「あ、そうだ!つみたてNISAを売却してその資金でローンを返済しよう!」

その時、アメリカ市場がものすっごく縮小していたら?

世界恐慌が起こっていたら?

100年に一度の〇〇が起こっていたら?

お気づきになられたでしょう。

出口戦略を立てておかないと外部環境次第で手にするお金は左右されます。

ではどのように戦略を立てるのか?

ネットを見ますか?

専門家が流す情報を見ますか?

インスタグラマーの発信を見ますか?

これ全てと断言していいほど、裏で何か誰かが絡んでいて、情報操作されています。

ネットはまぁ何が言いたいかわかりますよね。

専門家はどこの媒体から発信しているでしょうかね?

企業に属している人ですかね?

フリーでもスポンサーがついていないでしょうかね?

懇意にしているお得意先様がないでしょうかね?

インスタグラマーは、どうして時間もコストもかかることをしているのでしょうか?

1日24時間しかない中、時間を削る意味は?

Takeしてgiveはないのでしょうか?

そんな訳ないですよね!

「give」はあるのです。

するとどうでしょう、情報が薄っぺらく感じないでしょうか?

そんな情報で自分の大切なお金を危険に晒していいのでしょうか?

では、守る方法をお伝えします。

「学ぶ」

これが方法です。

私は、株式投資を10年以上していますが、自分の枠を外れる、軸をずらすとさっぱりわからないことも多々あります。

投資環境が変わることで、甘い罠がたくさん仕掛けられるかもしれません。

それを見極める為に「金融とはなにか?」を知りたくなり、学ぶことを始めました。

専門家が書籍として纏めて出版社から出しているものを選びました。

教養としての「金融&ファイナンス」大全

こちらの書籍で学ぶことを決めました。

専門的に極めるというより、教養部分を大事にしている書籍です。

教養とついているから簡単に読めるとは思わないでください。

読む人の前提知識は必要ですが、考えながら読めばきっと理解できるはずです。

私も読み始めたところですが、大学生から背伸びして読みたかったと冒頭から感じています。

オススメしますので、一緒に頑張りましょう!

-投資, 読書